選ばれる自分になる為の3つの要素とは??

最近、よく「いい印象を与える事はとても大切だとは思うのですが、今じゃないんです。」

という言葉を聞きます。

私が主宰しているOSHARE-BUのメンバーは、印象を変えてビジネスに活かしたいと思っている方ばかりなので、メンバーからはこのような言葉は出てきません。

「今じゃない。」って、実際その方はいつ印象を変える予定なのでしょうか??

 

例えば、同じサービスを行なっているAさんとBさんがいました。

Aさんは顧客に与える印象がとても大切だと理解しているので、まずは自分の外見を作り上げてからビジネスを開始しました。

Bさんは顧客に与える印象よりも、目の前にあるやらなければいけない事を一生懸命にこなしました。

1年後、何が起きたと思いますか??

AさんもBさんもビジネスをしているので、もちろん売上も上がっています。

しかし、明らかな違いがそこにはあったんです。

それは、お客様の質です。

Aさんは自分をブランディングしてお客様に満足頂けるように印象を考えて仕事に励んでいたお陰で、自分の理想とするお客様にサービスを提供できるようになりました。

Bさんは、自分の理想とするお客様よりも安易に価格のみで決めるお客様が多くその結果、薄利多売になり自分の時間を有効活用する事ができずに精神的にも追い詰められてしまいました。

明らかにお客様の質が違います。

それは、Aさんは自分目線ではなく他人目線でビジネスをスタートさせて、自己満足よりも顧客満足を優先し、徹底的に自分の理想とするお客様を考え、自分をブランディングしたからです。

その結果、AさんとBさんの間にはお客様の質のみではなく、売上にも影響します。

AさんとBさんは同じサービス内容です。

もう一度言いますね。

AさんとBさんは同じサービス内容なんです。。。

 

上の椅子の写真のように、座るというサービス内容は同じなんです。

あなたはどの椅子に座りたいですか??

私は、赤い椅子に座りたいです(笑)

 

ビジネスは顧客満足度が高ければ高い程、口コミが生まれますし、売上に繋げることも可能なのです。

理想は、あの人だから頼みたいと思って貰えるくらい自分をブランディングする事。

あなたがやらなければいけない事は、未来の顧客になって頂ける方に失礼のない自分でいる事。

同じサービスを提供している方々と同じであれば、選ばれる理由がありません。

 

選ばれる自分になる為の3つの要素とは?

先日、某大手建設会社の関係者約200名の前で講演させて頂く機会がありました。

建設業とファッション。

全く関係性がない様に感じると思います。

しかしながら、顧客に与える印象という視点で考えると建設業でもファッション業界でも、全ての業界に関係性があるのです。

どの業界においても、理想のお客様に選ばれる為に必要な3つの要素。

それは

  • 身だしなみ
  • TPOに応じた装い
  • 品格

この3つになります。

シワシワのスーツやシャツを着た人ときちんと手入れをされたスーツやシャツを着ている人であれば、あなたはどちらの方に仕事を任せたいですか?

外見は内面を映し出します。

服装の乱れは心の乱れと言われます。

逆にあなたが仕事を頼む時、このポイントに注意して相手を観察してみて下さい。

 

そして、その場に応じた服装をするという事は社会人として当然のマナーです。

その場に応じた服装をしていない人は、自分目線でのコーディネートをしていることが多いのです。

場の空気、周りの人への配慮に欠けるという事なのです。

また、着崩す事なくきちんとしたサイズ感でチョイスされたものであれば、自ずと品格も兼ね備えられます。

一定の年齢を越えると、この品格がとても大切になってきます。

品格のない方は異性に受け入れられにくい傾向にあります。

ビジネスをする上でもプライベートにおいても、品格のある立ち振る舞い、服装、言葉使いなどに気をつけましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です