好きなスタイルと似合うスタイルは違う

雑誌を見ていると素敵なモデルさんが最新の素敵な服やバッグ、靴を身に纏いとても華やかに見えます。

男性雑誌にしてもカッコいいモデルさんが洋服を素敵に着こなしています。

それを見て、「あー素敵!!こういうのが着たい!」っと、その掲載されているショップに問い合わせ、運よくそのアイテムを手に入れる事ができたり、よく似たようなアイテムをゲットしてワクワクした気持ちで試着して鏡の前に立ったら・・・。

『あれ???なんか自分には似合ってないなぁ・・・。』

っていう経験のある方も居ると思います。

私もその昔、雑誌をみてモデルの梨花さんが着ていたワンピースがとっても可愛い!!っと思ってそれと同じ物を購入しようと、ショップに足を運んだ経験があります。

しかし、あんなに可愛いと思っていたアイテムだったのにも関わらず、私には全く似合わなかったんです。。。

何故こういうことが起こるのかというと、自分の好きなスタイルと似合うスタイルが違っている為に起こっているのです。

自分が好きなスタイルが必ずしも自分に似合うとは限らないのです。

 

似合うスタイルを知るためには

似合うスタイルを知るには、まず自分の体型を知るところから始まります。

身体の厚み、ヒップの位置、首の長さ、身体の質感、下半身にボリュームがあるのか、上半身にボリュームがあるのか。

チェックポイントはいくつもありますが、体型によって自分に似合う物が変わってきます。

いつも何気に着ている男性のスーツに関しても、実は似合う形が存在します。

自分の印象をもっと良く見せたいと考えるのであれば、自分に似合う物を身につける事が必要なのです。

似合うスタイルで、そして自分にあったサイズのアイテムを身につける事でワンランク上のイメージを作る事が出来る様になります。

 

体型には3つのタイプがある

体型には3つのタイプがあります。

 

  1. 肉厚でヒップ位置が高く、ハリのある質感をもつタイプ
  2. 上半身が比較的華奢で、線が細く柔らかい印象をもつタイプ
  3. 骨格がしっかりと浮き出ていて、あまり肉感のないタイプ

 

このタイプによって、服の素材感やサイズ感が微妙に違ってきます。

オーバーサイズの服が似合うタイプもいれば、逆に野暮ったく見えてしまうというタイプも存在します。

体型によって似合うアイテムが変わってくるので、自分の体型を知る事が必要になる訳です。

その知識を踏まえ、お客様の好きなスタイルと似合うスタイルをマッチングさせる事、そしてTPOや立場、職業などに応じたコーディネートを提案し、お客様をブランディングする事が私の仕事の一つとなっています。

たまにショップ店員さんと変わらないと言われますが、ショップ店員さんはそのショップのアイテムを売る事が仕事です。

私たちファッションコンサルタントは、ショップ店員さんとは明らかに似て非なるものなのです。

まとめ

自分の印象を良くするには自分を良く知る事から始まります。

体型から似合うスタイルが導き出されます。

プライベートにおいては、ある程度自分の好きな物を着ても良いと思います。

しかしながらビジネスにおいては、それがマイナスポイントになり得る場合もあります。

見た目に拘る理由を知っていても、自分を良く見せる着こなし方を実践出来ていなければ、知らない事と同じなんです。。。

まずは自分の体型を見つめ直し、自分は一体どのタイプなのかを理解しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です